子供の頃信じていた迷信

子供の頃に信じていた迷信みたいなもの、ありましたよね。
夜、口笛を吹いてはいけないとか、夜、爪を切ってはいけないとかありました。
夜に口笛を吹くと、蛇が出るとか、夜に爪を切ると親の死に目にあえなくなる、とかいう迷信です。
私も小さい時は「そうなんだ」となんとなく信用していました。
あれは今思うと、言う事を聞かない子供を親が言うことを聞かせるために言っていたのかな?と思います。
夜に口笛などを吹けば近所迷惑になるので、母親によく口笛を吹いちゃいけないよと言われていたし、夜、爪を切ると親の死に目にあえないと言って、親の大切さを知らず知らず教えられていたのかもしれません。
でも、その迷信みたいなのを言われるせいで、怖くなる子供さんもいるかもしれないので、子供に言うべきなのか迷います。
でもすごく言う事を聞かなかった時などは、こういう迷信も使えそうです。
迷信で親の大切さや、世の中のルールが分かるのならすごく便利かもしれません。
空室対策を効果的行うためにやるべきこと
http://www.zerochintai.jp/kushitsu/
空室対策では入居者のニーズに応えることが一番必要です